活動歴

陶芸作家 岩元 鐘平 [いわもと しょうへい]  活動歴

1983年 日本人の父とフィリピン人の母の間に鹿児島谷山病院で男の子として生まれる。鹿児島で育つ。

2004年 父で陶芸家の岩元学氏に師事し、幼少より遊びなれた工房で、粘土遊び本格開始。昼は作陶、夜はバイトの生活開始。

2006年 鹿児島県内の若手陶芸家3人で、陶芸ユニット「泥酔舎」結成。
同年、鹿児島ドルフィンポート「薩摩工芸館」にて、第1回泥酔舎展。いろいろ考える。

2008年 鹿児島「稲音館」にて泥酔舎展。東京「ギルドアートスペース游」にてグループ展参加
鹿屋芸術村通称「やねだん」のやねだん芸術祭にインスタレーション作品など出展発表。以後毎年参加

2009年 鹿児島「稲音館」にて第三回泥酔舎展。バイトをやめても食べていけそうな気がしたので、バイトをやめる

2010年 鹿児島「稲音館」にて第4回泥酔舎展。鹿児島「エアポートギャラリー」にて親子展

2011年 鹿児島「もみじ山美術館」にて第五回泥酔舎展。天草「第6回アマクサローネ」出展

2013年 鹿児島「M’sギャラリー」にて、四人四齢四陶展。鹿児島「エアポートギャラリー」にて、親子展
天草「第8回アマクサローネ」出展

2014年 鹿児島「エアポートギャラリー」next generation陶二人展
鹿児島デザイン百覧会出展。 鹿児島陶芸展 初出展「特選」。東京デザインフェスタ出展。

現在
鹿児島陶芸家協会 会員
鹿児島県薩摩焼陶業組合員
鹿児島文化工芸村講師
三児の お父さん。

sL1034878

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です