参加しなきゃ、走らなきゃ…新しい1年が始まらない。
今回で自身 5回目の参加。「いぶすき菜の花マラソン」 エントリー、そして完走 もしくは完歩!してきました。
タイムはというと…というと…自身ワーストの “6時間25分36秒“ でした(^人^)言い訳しません。完全に練習不足です。(←これは言い訳ですか?)image
でもですよ、タイムじゃないんです。走ることに意義があるんです!
日本で最も早くに開催される “市民マラソン大会” 。新年明けて2週目の日曜日。走りながら、自分と向き合いながら想像するんです。

「このいぶすき菜の花マラソン。42.195Kmの早春の指宿路。マラソンを完走するように、今年1年を完走したい!!」

42.195Kmの道のり。色々なドラマがあります…凝縮された “時間” の様に。

目標に向かってスタート!!

早朝に指宿に到着。全国から約19000人が参加する今大会。
夜明け前の会場でしたが、すでにたくさんの人が。すれ違うランナー 1人 1人に心の中で言葉をかけました。

「ゴール目指して頑張りましょう!!」 「42.195Kmを走る、それぞれの目標が達成されますように!」

みんな僕にとっては、心強い同志でした。仲間でした。涙が出ました。(少し)
image
スタート!!午前9時、”記録を目指す人” “完走目指す人” “最愛のパートナーとゴール目指す人”
19000人のそれぞれの想いを胸に、42.195Kmの道のりが始まりました。m
image

日本一のおもてなし、そして素晴らしい景観。
何と言っても “いぶすき菜の花マラソン” の魅力は沿道の声援、音楽、差入れ。すごいです。地元の方々の声援、これには毎年泣かされます。この場を借りてお礼申し上げます。

「ありがとうございます。皆さんの声援、おもてなしで1年を乗り越える勇気をもらえます。陶芸家としてもっともっと頑張る勇気をいただけます。」
imagek
スタート直後の、爆風スランプの 「ランナー」 毎年聴いてます。ありがとう。
image
足が動かなくなってきた頃にやってくる、あの地獄みたいな坂。そこで、
「歩くなー!走れー!歩くと負けだー!」と、大声で言ってくれる “オバちゃん” 。あなたにこれからも、毎年会いたいです。僕はね。ありがとう。
image
ゴール目前で、「ZARDの”負けないで”」 を毎年歌ってくれる貴方達。そりゃないよ〜泣いちゃうよ〜。ありがとう。
沿道で小さな躰なのに大きな声で 「頑張って下さ〜い」 。両手には笊に入った飴や、チョコレート。凄く助かります。甘いもの。ありがとう。
image
腹側も美味かった。ありがとう。
image
豚汁も美味しかった。ありがとう。
image
数々のご好意の差入れ。美味しかった。ありがとう。
マラソンなのに、レース中お腹一杯になりました。笑。

image
開聞岳や九州最大の湖、池田湖。カツオ節で有名な山川港。そして満開の菜の花。
42.195Kmの道のり。日本一のアップダウンに毎回、ギャフンと言わされますが、なんでだろう…
また来年も戻ってきたいんです。指宿に。

42.195Kmと1年。

切っても切れない関係です。

今年も頑張ります。より一層。豊かな精神生活のために。陶芸も、家族も。
image

そうそう。毎年仮装をされてるランナーの方がいらっしゃいます。僕も来年は全身に、陶芸作品の写真を貼って走ろうかしらん(^^) これは仮装かな?
ちなみに今年印象的だった仮装は…
image
サラリーマン風のこの方でした。”働く” ということを考えさせられた仮装でした。

沿道の応援の方々。大会関係者の方々。ボランティアの方々。ランナーの方々。お疲れ様でした。ありがとうございました。また来年、皆さんにお会い出来ることを楽しみにしております。これから1年、健康に幸せに過ごせるようにお祈りしています。