今年も出展します! 全国こども陶芸展in かさま! もちろん僕は立派な壮年男性ですので、出展するのは子供達です(^^)

全国こども陶芸展とは??

「茨城新聞」 主催で行われる、「全国こども陶芸展 in かさま」は、今年で14回目。 全国の小学生から中学生までを、対象にした全国公募展です。サブタイトルの “自分らしく夢を形に” のその通り、沢山の夢のある子供らしい作品が、茨城県陶芸美術館に集まります(^^)

小学校低学年、高学年、中学生の3部門あり、応募総数1395点! (去年) 沢山の応募作品の中から、文部科学大臣賞をはじめとした特別賞が13点。優秀賞13点。選奨とあるわけです。

金子 賢治(茨城県陶芸美術館長)さんを、審査委員長にした審査員団の選考の結果、入賞者には、賞状と記念品が授与され (遠方の方は宅配) 夏休み期間中、茨城県陶芸美術館に展示されます。

そしてなんと、各部門の特別賞受賞者13名は、8月1日に行われる授賞式に招待されます。受賞者の児童と、保護者一人分。計二人分の移動費を、主催者が負担してくれます(^^) (ふとッパラ〜〜)

と、簡単に”全国こども陶芸展”についてお話ししましたが、もっと詳しく教えて!! て方は笠間市ホームページ←こちらをどうぞ!!

20140610-221947-80387495.jpg

今年で3回目の出品!!

この、全国こども陶芸展を知ったのは、およそ四年前でした。陶芸講師として時々伺う、鹿児島文化工芸村の先輩講師とのお話しでした。その方自身も、お子さんがいらっしゃり、もう何年も出品してるとの事でした。しかも、兄弟そろって最高賞の受賞歴もおありとのこと。すごい!!

そんなこんなで3年前、小学1年生なった僕の長女も挑戦することに!! 作品は、小学校を作りました。放課後、一所懸命頑張った甲斐もあり見事、優秀賞! 本人は特別賞に届かず、少し悔しそうでしたが、十分十分(^^)

20140610-224116-81676531.jpg
(記念品の飾りです)

そして、2回目の挑戦の第13回全国こども陶芸展では、なんとなんと!!!
特別賞の一つ、 “笠間日動美術館館長賞”をいただきました! 長女は初めての飛行機に乗り、受賞式に出席しました(^^)
そして今年は、3回目の挑戦。そして低学年部門 (A部門) 最後の挑戦。頑張れ〜!

なんとか完成!!

もちろん、子供の公募展なので、大人との共作は NG! でも子供の発想は凄いですね。大人の感覚で接すると、ビックリしちゃいます。じっくり子供の製作風景を見てると、感心しますす。勉強になることもしばしば。自分の仕事にも活かせそうです(^^)
で、成形→素焼→色塗までして、最後の段階 “本焼き” 待ちの作品がこちら!

20140610-230235-82955598.jpg

接着など、壊れないための基本的な作業は、さすがに少し加勢しましたが、
彼女らしい優しい作品が出来たと思います。あとは、釉薬をかけて焼くだけです。焼き上がりが楽しみです。

そしてもう一人。長男の初挑戦!

今年、小学1年生なった長男も今回出品します。普段から LEGO や パズルが好きで、やり出したら止まらない長男です(^^) 僕が言うのもなんですが、上手でした。笑
一品じゃ物足りないらしく、今回は組み作品として製作しました。”海賊の戦い”だそうです。

20140610-232653-84413182.jpg

味方の海賊船に……

20140610-232735-84455366.jpg

敵の海賊船。

なんか分かりやすいです。この他に、小島で決闘してる作品もあります。

製作を終えて。

製作を終えて、後は焼き上がりを待つだけです。二人とも、放課後頑張りました。普段、お母さん抜きで、子供達と触れ合う機会があまりないため、こういう機会は貴重でした。いい結果が出るといいな〜(^^)
うちのガス窯さん!焼き上がりを楽しみにしてます!よろしくね(^^)

alt=”20140610-233844-85124272.jpg” class=”alignnone size-full” />