今年、二年生です!そうなんです、自宅の庭にささやかな畑を作って二年目なんです。ささやかな畑を作るのに僕は、幾多の困難を乗り越えてきました。一年前、荒れ果てた庭を有効活用すべく、腰の高さまで元気よく生い茂った雑草(小さい頃、包丁葉っぱと呼ばれ恐れられた草…多分)を、無知な僕は半分裸で鎌や己の手で切ったり、抜いたりしました。それなりに庭は綺麗になり、「よし、明日は”うね”作りだ!!」多少の傷は負ったもの、達成感と満足感でクリアアサヒを呑んで眠りにつきました……肌がナイーブなのを忘れてました…夜中猛烈なかゆみで目が覚めて体中掻きむしったら少し血が出たけど、睡眠欲ってすごいですね、またすぐ深い眠りに落ちました…笑 すみませんどうでもいい話になりましたけど…兎にも角にも一年前ささやかな畑が出来たわけであります。そして今日、夏野菜を少し植え付けました!!その一部がこちら!

20140510-210155.jpg
こちらわ、定番のミニトマト。今から実がなるぞ〜っていうあの感じ好きです。

20140510-212809.jpg
そして茄子。日に日に大きくなるの楽しみです。あ

今回はその他にも、オクラ、唐辛子、ピーマンを植えました。まだまだ初心者ですので、種からっていうのは難しいので苗を植えました。住んでいる土地柄、ご近所さんにも畑をしている方が多く、右も左もわからない若造がほっとけないのか色々なアドバイスや知恵を頂けます。その一つに、一年目はよく作物も育つらしいです、その代わり土は元気を失いやせ細り、次に植えたものが貧弱になるみたいです。その証拠に去年、夏野菜は”わんさか”なりましが、そのまま冬野菜を植えたら、お隣さんの畑では見事なほうれん草が出来たのに対し、我が家の”それ”は見るに耐えないものでした。笑
二年目の今年、土作りをしっかりしたし準備万端です。

20140510-215156.jpg
まだまだ畑のスペースもあるし、去年植えなかったお野菜も挑戦したいですね〜子供達も、ミニトマトをもぎ取って食べたりだとか、日に日に大きくなる茄子に喜んだり、虫に食べられたスイカに落胆したり…野菜がどういう風に出来るのかを庭先で教えてあげられる。畑は野菜をもたらしてくれるだけではなく、我が家にいい影響をもたらしてくれました。さあ、今年も野菜とふれあいを”わんさか”ならしてくださいね(^^)水やりも頑張るし、畑作業するときは長袖着て軍手するからね!畑の神様!今夏もよろしくお願いします(^^)

20140510-221243.jpg
ねんどふる TOPpage