初めて関東に出展したのはいつだったけな〜陶芸初めて3年目くらいかな………………………

「鹿児島と人口の桁が違うから、きっと売れるだろう!売れない訳がない!余裕余裕!!」

なんの根拠もない自信だけの初出展。ポケットには5000円だけ…でも全く不安はなかったんです。売れるつもりだったし。しいて不安を挙げれば飛行機落ちないかな大丈夫かな〜てことくらいかな。
「売上で東京観光でもして帰るか〜」 と、イベント2日間に対して滞在期間1週間の旅行気分丸出しの予定を組み 元気100倍会場の横浜赤レンガ倉庫へ!!

が…しかーし!2日間で1万円にも届かないという、涙が出ちゃうくらいの結果。
作品のレベル 見せ方も全然甘ちゃん。それに加えて前述したような理由だけでの出展…大きな間違いでした。
所持金1万5000円での横浜1週間キツかった。笑

イベントが終わった翌日からは、赤レンガ倉庫のベンチで読書 山下公園で読書…カップルに混じって読書→ BOOKOFF→読書→BOOKOFF→読書。だって暑いし動いたらお腹空いちゃうから。
夜はそのままベンチでおやすみなさい。通りすがりのカップルに、「あの人死んでるんじゃない??」と言われるさま。何が悔しいのか分からないけど悔しいから、ちょっと寝返りうってやりました!僕は生きてるアピール。

そしてなにより惨めだったのが、なけなしのお金で買った “シーチキンマヨネーズ味おにぎり”
白米が食べれる事を全知全能の神と購入してくれたお客さんに感謝しながら噛み締めていると、後方で “バサバサーッ”と大きな明らかに不審な音。「ナンテコッタ暴漢だ〜お金持ってないのになんで〜?」と思っててら、手元のおにぎりと共に黒い塊が、夏の空へ。はい “トンビ” でした…貴重な食料を取りやがったんです。きっと田舎者と見抜かれたんだな。だって鹿児島のトンビはそんな事しないもの。たぶん。

横浜中華街で 「羽田空港まで徒歩何分ですか?」と尋ね 笑われながらも何とか餓死しないで1週間生きのびました。
風呂にも入れず (GATSBYサラサラシートで何とかしのぎました) 当時は髪の毛も腰くらいまであったのできっと臭かったかも。帰りの飛行機で隣に座った方!!大変すみませんでした。申し出て頂ければ、お詫びにcup1つ差し上げます…

そんな、甘酸っぱくてほろ苦い関東デビューして約5,6,7年。イベントは違いますが、毎年最低でも1回 東京に刺激をもらう為にも作品お披露目に行っております。時には、飛び込みでギャラリーさんにも。
そして今年は、「Hand Made In Japan Fes 2016」 略してHMJ2016。に出展してきました。image

そして今年は、あちこちのイベントで作家さんが口を揃えてオススメしてくれた Creema主催”HMJ”

image

会場は東京ビッグサイトその名の通りビッグサイト!

image

都会お決まりの早朝搬入。ヤマト便で送った作品たちも無事に受け取り、さあ設営。
image

壁がなくブースの締まりはイマイチですが、秘技 “通路で勝負型 対面販売方式” !!通路を歩くお客さんを狙った設営方法!当たり前か。
過去、似たようなイベントに初めて出展した時には、1.8m×1.8mのブースを最大限に使おうと思い、ブースの奥まで入れるような (もちろん通り抜けはできない) 設営をしたんです。けど、やっぱり入りづらいんでしょね。入りづらいに加えて、奥には売れなくて半泣き状態の男がいるんですもの。そりゃ誰も入って来なかったですよ。そんな経験から秘技は生まれました!笑

手応えはあるものの あまりいい結果を残せていない東京での展示会。開場の11時 、メインゲートの外には長蛇の列が出来てるものの、内心はハラハラドキドキ…
「ヤッパリ今回も厳しいかな〜 でもいいもん!お財布には充分なお金が入ってるもん!ホテルで寝れるもん!!」と言い聞かせつつも、開場から2時間ほどは半泣きでした。笑

image

がしかーし!!中国のお客さんを皮切りに シェイシェイ!ポツ…ポツ…ポツポツ!!と作品が動き出しました。
「はじめてこんな陶芸みました!!」 「来年も来て!少しずつ集めたいわ。」「洗いにくそう。」
「楽しい作品ね〜」 「桜島!!」 「料理盛りにくそ。」 「あなた天才!!」 「マーベラス!!」
終わってみれば大変満足。
2年前の出展の際、ブースに足を運んで頂いた方も今回、「Facebookみました!!」また来て頂いたりしてうれしい限りでした。
4500もブースがあるので、全部は見て周れなかったのだけど、流石にCreema主催のイベントとあって、意識の高いクリエイター、質のいいクラフト作品が多かったような気がしました。

さて今回の東京出張。実に充実したものとなりました。手に取って頂き 声をかけて頂いた皆様。HMJ運営スタッフの皆様 出展者の皆様 本当にお疲れ様でした。熱気に包まれた クリエイターの祭典 来年さらにパワーアップして戻ってきたいと思います。ありがとうございました!!!

あ!それから今回 貴重な体験が出来ました!

image

助手席でしたが、なかなか見れない首都高速の景色感動しました。笑

おしまーい。